治療法は人それぞれ!

同じ人が同じ症状で治療を受けに行っても、歯科医院が違えば治療法も変わってきます。

その先生によって技術が違うのも当然ですが、得意な治療法が違っていたり、考え方が違っていたりするので、

それによって全く違う治療法になることもあります。

例えば小さな虫歯があった時に同じ保険治療でも、ある先生は銀歯で治すかもしれませんし、

またある先生は小さく削ってプラスチックで詰めるかもしれません。

あるいはまだ削るほどではないと経過観察をする先生もいるかもしれません。

どれが正しくてどれが間違っているというわけではなく、それぞれ違うアプローチというだけです。

(個人的にはできるだけ削る量を少なくしたいとは思っています)

また、治療を受ける方もそれぞれ価値観が違っています。

削る量はどうでもいいから短い時間・期間で治療してほしい方もいれば、

時間や金額はいいからできるだけ削りたくない方もいると思います。

また、先生を信頼して治療法はある程度任せるといった方もいるでしょう。

そのような部分に関しては治療を受ける側、治療する側の相性ももちろんありますし、

しっかり説明して相談することですり合わせていくところでもあります。

(ただし全部受ける側の希望通りにして!というのは難しいと思います。)

治療法についてわからないことがあったり、要望があったりする場合はお気軽にお尋ねください。

関連記事

  1. 歯をきれいに保つために必要なことはホワイトニングではなく〇〇…

  2. インプラントができない特殊な病気?インプラント治療のリスクフ…

  3. 市販の歯ブラシで正確な歯磨きはできる?歯磨きで対応できる範囲…

  4. 歯ブラシの交換時期を見極めよう!正しい歯磨きへの第一歩

  5. 病は気から?舌が痛いのは精神的な負担からかもしれません

  6. ホワイトニング治療をする前に確認しておきたいこと!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP