歯の痛みかと思ったら違うことも?!

全英女子オープンを制した渋野日向子さんが原因不明の歯痛を訴えたというニュースがありましたが、

原因は歯の痛みではなく別の原因であったとのこと・・・

今回はその痛みについて説明したいと思います。

風邪をひいたとき、歯が痛くなることがあります。

それは上顎洞という空洞(副鼻腔)が関係しています。

人の骨の中にはいくつかの空洞がありますが、そのうちの一つが頬のあたりにある上顎洞です。

蓄膿症という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、風邪をこじらせてしまった時などに

その上顎洞に炎症がおきて膿がたまってしまうことがあります。

その時鈍い痛みを伴うのですが、上の奥歯は根の先が上顎洞に近いことが多いため

歯の痛みとして感じてしまうことがあるのです。

これが渋野さんの痛みの原因と疑われているものです。

実際僕も風邪が悪化して歯の痛みを感じてああ上顎洞炎だなあと思ったことがあります。

しかし悪化すると結構痛いので、「虫歯?!」と感じて来院される方もいます。

特徴的なのが歩いた時などの振動によって痛みがでること、頬のあたりに痛みを感じることです。

ただし一概に風邪だから歯の痛みではないというわけではなく、

免疫力が低下したことで根の先や歯茎の感染により痛みが出ている場合もあり得るので注意が必要です。

また、逆に根の先に膿がたまる事で上顎洞炎が起きることもあります。(「歯性上顎洞炎」といいます)

前述のように歯の根の先と上顎洞が近いことから歯からの感染が上顎洞に及ぶとこの状態になります。

その場合歯を治療しないと上顎洞炎は治りません。

これらは判断が難しいこともありますが、まずはレントゲンを撮ったり検査したりすることが必要です。

関連記事

  1. 歯磨き粉をどれくらいつけていますか?つけすぎは逆効果を招くこ…

  2. 妊娠中にダメな薬!アセトアミノフェンは安全性の高い鎮痛剤です…

  3. 食後に口臭を発生させる食べ物って何?食後の口臭ランキングを発…

  4. インプラント選びのポイント!博多駅近くの深江歯科がお教えいた…

  5. 「頓服」という言葉の意味理解していますか?医療用語を解説しま…

  6. インプラントの応用!「インプラント」は歯だけじゃなかった

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP