プールでの怪我に注意しましょう!歯の外傷も当院へご相談ください

みなさんこんにちは!

博多駅近くにある「深江歯科クリニック」です。

8月も後半戦に突入しましたが、まだまだ残暑は続くと思います。

そこでプールを楽しみにしている方もまだまだいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんなみなさんへ今回はプールの怪我について解説していきます。

 

  • プールは怪我しやすい

プールは水の中で普段の生活と異なります。

また、夏場しかプールへ行かないという子供もいるため、普段よりはしゃいでしまう子が多いです。

市民プールや民間プールでは、狭いプールに多くの人がいるため自分が注意していても怪我をしてしまうことがあります。

 

  • 怪我をしたらすぐに歯科医院へ

万が一、プールで遊んでいるときに口の中を切ってしまった・歯が折れてしまったということがあればすぐに歯科医院へ通院するようにしましょう。

歯は外傷を受けてから短時間で処置をすると、健康な状態に戻りやすくなります。

 

怪我をしたときの対処法も大切ですが、怪我をしないようにして残りの夏も楽しみましょう!

関連記事

  1. 手用ブラシではなく電動歯ブラシなら効率よく磨けるのか?

  2. 病は気から?舌が痛いのは精神的な負担からかもしれません

  3. 「頓服」という言葉の意味理解していますか?医療用語を解説しま…

  4. 妊娠中にダメな薬!アセトアミノフェンは安全性の高い鎮痛剤です…

  5. インプラントは万能だが永久のものではありません!インプラント…

  6. 食事をするときだけ口が痛い!それは唾石症の疑いがあります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP