安易に歯を削るのは歯の寿命とひきかえ?!

「審美歯科」というとかぶせ物をイメージされる方が多いと思います。

実際芸能人が突然真っ白い歯に変わっている場合などは

歯を大きく削る → セラミックのかぶせ物

というパターンが多いようです。

ただし、これは必ずしもよい方法ではありません。

確かに人工物に置き換えることで見た目はきれいになっているでしょう。

しかし、これは大きく削ることで見た目と歯の寿命が引き換えになっていることがあります。

歯科医師をやっていると、「治療していない歯が一番長持ち」であることに気づきます。

かぶせ物や詰め物は「人工物」であり、その「人工物」で補った歯よりももちろん天然の歯の方がよいのです。

 

なので昔大きく削ってしまっていた初期虫歯などは歯磨き指導で経過をみることも多くなっています。

ただし注意しなければならないのは、虫歯で穴があいてしまったり、歯の神経が強く痛んでしまった場合は別ということ。

その場合はやむを得ず歯を削らなければなりません。

また、神経をとった奥歯はかぶせ物をかぶせないと折れてしまう事が多いと報告されていますので、

ある程度大きく削らないといけなくなります。

前歯でも歯茎から上の自分自身の歯の部分が薄くなったり少なくなったりしている場合は削って被せる必要があります。

それ以外にも「削る必要があるケース」は存在します。

そのような「削る必要があるケース」は念頭に置きつつ、不必要な切削はしないというのが歯の寿命に大切だと思います。

 

関連記事

  1. ホワイトニング治療をする前に確認しておきたいこと!

  2. 当院で使用しているインプラント

  3. 歯磨き粉をどれくらいつけていますか?つけすぎは逆効果を招くこ…

  4. インプラントの応用!「インプラント」は歯だけじゃなかった

  5. 治療法は人それぞれ!

  6. 口内炎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP