妊娠中にダメな薬!アセトアミノフェンは安全性の高い鎮痛剤です。

みなさんこんにちは!

博多駅近くの「深江歯科クリニック」です。

 

夜間や休日に突然歯痛が起きたらどうしますか?

何も身体にリスクファクターがない人であれば市販の痛み止めを服用するのではないでしょうか。

しかし、妊娠している可能性がある方や妊娠中の方は簡単に薬を服用してはいけません。

 

  • 妊娠中にダメな薬は?

妊娠中の方や妊娠の疑いがある場合に服用すると危険な薬は存在します。

代表的なものでいえばボルタレンやロキソプロフェンナトリウムです。

ボルタレンは実際に死産を引き起こしたことがあるため、妊娠中の使用が禁止となっています。

また、ロキソプロフェンナトリウムは妊娠後期の使用が禁止となっています。

 

  • 安全性の高い薬

アセトアミノフェン(市販薬名:カロナール)は妊娠中の方に対して安全性の高い鎮痛剤として有名です。

薬の話をすると、我慢の限界まで薬を飲まないで頑張ろうとするお母さんがいますがそれはおすすめできません。

胎児には母体のストレスも大敵となるからです。

薬はしっかりと医師・歯科医師・薬剤師の処方通りに服用すれば問題ないため、痛い時には鎮痛剤を服用するようにしましょう。

関連記事

  1. インプラントの応用!「インプラント」は歯だけじゃなかった

  2. ホワイトニング治療をする前に確認しておきたいこと!

  3. 食事をするときだけ口が痛い!それは唾石症の疑いがあります

  4. 「頓服」という言葉の意味理解していますか?医療用語を解説しま…

  5. 歯磨きをして虫歯を予防しよう!深江歯科クリニックが予防歯科を…

  6. 病は気から?舌が痛いのは精神的な負担からかもしれません

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP