緊急事態宣言

福岡県にも緊急事態宣言が発令されました。

当院では医療機関として今後も徹底した滅菌、消毒、換気など感染防止対策を行いながら、

診療を行っていく予定です。

歯科治療においては不要不急ではないと考えます。

しかし、緊急事態宣言中は治療を延期したいという患者様もいらっしゃると思います。

根管治療中など、延期してしまうと歯の存続にかかわる治療もあります。

期間が開いてしまう場合はそれでもなるべく支障が出ないように考慮した治療

(仮詰めを長く持つようなものに変更したり、土台までは治療を進めたりなど)

を行いますので、まずはご相談ください。

関連記事

  1. お盆休み中の歯のトラブルにはこう対応しよう

  2. 安易に歯を削るのは歯の寿命とひきかえ?!

  3. 歯の痛みかと思ったら違うことも?!

  4. インプラントは万能だが永久のものではありません!インプラント…

  5. 「頓服」という言葉の意味理解していますか?医療用語を解説しま…

  6. 「歯を抜いた後の治療」とは?(ブリッジ編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP