甘いお菓子は虫歯の元?お子様の食生活も少し考えてみませんか

みなさんこんにちは!

 

博多にある「深江歯科クリニック」です。

 

お子様の食生活について考えたことはありますか?

食事のバランスや食事をとる時間などはもちろんですが、食生活の中でも虫歯になりやすい・なりにくい食形態について考えていきたいと思います。

 

  • 虫歯になりやすい食形態とは

結論からいえばキャンディーやキャラメルのようなドロッとした形状をしている食べ物は虫歯の誘発リスクが高いといえます。逆に野菜や穀物のような食物繊維の多いものは虫歯の誘発リスクが低いです。

これは、食後に起きる歯への残存率が関係してきます。ドロッとした形態の食べものは歯に長時間張り付くため虫歯菌の栄養源になりやすいのです。

 

  • 糖を含んだ食べ物

昔から「甘いものは虫歯になりやすい」という言葉を聞いたことはありませんか?

今も昔も虫歯の原因細菌の大好物は糖分です。

そのためチョコレートやキャラメルを長時間口の中に入れていると虫歯リスクが高くなります。

今では、代用甘味料と呼ばれる糖が登場しました。

お菓子やガムなどを選ぶ際には「代用甘味料」が使用されているものを選ぶのもポイントではないでしょうか。

 

お子様を虫歯から守るためにもお店で買うときや夕飯を作るときなど少しだけ工夫してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 手用ブラシではなく電動歯ブラシなら効率よく磨けるのか?

  2. 骨が少なくてもインプラントができる?骨造成手術について解説し…

  3. 「頓服」という言葉の意味理解していますか?医療用語を解説しま…

  4. 顎関節症のセルフチェック方法!顎の動きが悪いことはありません…

  5. 歯磨き粉をどれくらいつけていますか?つけすぎは逆効果を招くこ…

  6. インプラントの応用!「インプラント」は歯だけじゃなかった

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP