市販の歯ブラシで正確な歯磨きはできる?歯磨きで対応できる範囲を紹介

みなさんこんにちは!

 

博多駅近くにある「深江歯科クリニック」です。

 

みなさんは市販の歯ブラシを使っているでしょうか?

実際、多くの方が市販の歯ブラシを使用していることと思います。

 

歯科医師として診療をしていると患者様の磨き残しに意識がいくことが多いです。

これは、市販の歯ブラシを使用しているとか歯科医院で販売されている歯ブラシを使用しているというのは関係ありません。

患者様自身で磨き残しがあるということです。

 

磨き残しができやすい部位として有名なのは歯と歯の間や歯と歯茎の隙間・歯の咬合面です。これらは磨き残しができやすいだけでなく、虫歯にもなりやすいです。

つまり歯磨きをしたときに磨き残しを少なくすることで虫歯のリスクを下げることができるのです。

 

では、実際歯ブラシを使った歯磨きではどの程度まで対応することができるのでしょうか。

結論をいうと、口腔内の60%程度の汚れにしか対応することはできません。

人間は完璧ではないのでどうしても磨き残しができてしまいます。

また、歯ブラシでは細かなところの汚れを落とすことが難しいためデンタルフロスや定期的に歯科医院でクリーニングを受ける必要が出てきてしまいます。

 

市販の歯ブラシや歯科医院で販売されている歯ブラシなどは関係なくブラッシングには磨き残しがつきものなので定期的に歯科医院へ行くようにしましょう。

関連記事

  1. 食後に口臭を発生させる食べ物って何?食後の口臭ランキングを発…

  2. 歯ブラシの交換時期を見極めよう!正しい歯磨きへの第一歩

  3. 歯をきれいに保つために必要なことはホワイトニングではなく〇〇…

  4. プールでの怪我に注意しましょう!歯の外傷も当院へご相談くださ…

  5. 甘いお菓子は虫歯の元?お子様の食生活も少し考えてみませんか

  6. インプラント選びのポイント!博多駅近くの深江歯科がお教えいた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP