食事をするときだけ口が痛い!それは唾石症の疑いがあります

みなさんこんにちは!

博多駅近くにある「深江歯科クリニック」です。

 

当院では口腔外科に特化した歯科治療を行なっております。

そこで、今回紹介するのが「唾石症」です。

 

  • 唾石症とはどんな病気?

唾液を分泌する唾液腺の中にカルシウムが沈着することで「唾石」という石灰物ができます。唾石が大きくなると唾液を分泌する開口部を塞いでしまい、唾液が出なくなったり痛みが出たりします。

 

  • 主な症状は?

唾石が原因となって、唾液腺が腫れる・痛みがでるなどの症状が出ます。ただし、痛みは常時出るわけではありません。食事をするときには咀嚼をしますが、咀嚼をすると唾液分泌が促進されます。このように唾液の分泌が促進されたときに痛みが出ることが多いです。

 

  • 治療法は?

唾石症は外科処置で治療することが多いです。唾石の発生している唾液腺の位置で口腔内からのアプローチか口腔外からのアプローチか決まります。

 

食事をしているときに痛みが出る場合は、一度唾石症を疑って当院へお越しください。

関連記事

  1. ホワイトニング治療をする前に確認しておきたいこと!

  2. インプラントが再びブームになる?高齢化社会でインプラントの市…

  3. インプラントの意外なデメリット!あまり歯科医師が教えてくれな…

  4. インプラント治療はハードルが高い治療ではありません!一度ご相…

  5. 病は気から?舌が痛いのは精神的な負担からかもしれません

  6. 口内炎かと思っていたら舌がんだった?早めの受診を心がけましょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP