歯磨き粉をどれくらいつけていますか?つけすぎは逆効果を招くことも

みなさんこんにちは!

博多駅近くにある「深江歯科クリニック」です。

 

みなさんは歯磨きをするときに、歯磨き粉を使用していますか?

おそらくほとんどの方は歯磨き粉を使用しているのではないでしょうか。

香りや爽快感など歯磨き粉を使用するとリフレッシュできますよね。

 

しかし、歯磨き粉はつけすぎてしまうと逆効果を招く恐れがあります。

洗濯機に入れる洗剤とは違って多くても大丈夫ではありません。

 

 

  • 口の中が泡だらけになる

歯磨き粉の中には発泡剤という泡立ちが良くなる成分が含まれています。歯磨き粉を多く使用すると発泡剤も多くなり、口の中が泡だらけになってしまうのです。そうすると、すぐに「ペッ」と吐き出してしまい結果的に磨けているような感覚に陥ってしまいます。

 

  • 研磨剤の使用

市販の歯磨き粉の多くには「研磨剤」が含まれています。歯の表面を削ってしまう研磨剤を多く使用することで、歯をダメにしてしまう可能性が高くなるのです。

 

私のおすすめとしては、一度歯磨き粉をつけずにブラッシングをしていただき、仕上げで歯磨き粉を使用すると爽快感が得られるかなと思います。また、仕上げ磨きの後は虫歯予防効果のあるフッ素が洗い流れないようにうがいは優しくするのがおすすめです。

関連記事

  1. お盆休み中の歯のトラブルにはこう対応しよう

  2. ホワイトニング治療をする前に確認しておきたいこと!

  3. インプラントが再びブームになる?高齢化社会でインプラントの市…

  4. 神経が死んで色が変わった前歯の治療

  5. インプラントができない特殊な病気?インプラント治療のリスクフ…

  6. 口内炎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP