歯の治療が途中で終わっていませんか?

この記事を読んでいる方で、歯の治療が途中になってしまっている方はいませんか?

痛みがなくなったから・・・一度行きそびれて行きにくくなった・・・病院と合わない・・・

など理由はいろいろあると思います。

しかし、歯の治療がたった数か月途切れただけで、その後大変な思いをすることがあります。

特に状況が悪くなりやすいのが歯の神経をとったり、再治療したりしている途中での中断です。

 

神経をとったり、その再治療をしたりしている場合、歯の上から穴をあけて治療していて、

治療の途中では仮の詰め物をする場合がほとんどです。

しかしこの仮の詰め物は水硬性セメントと言って、封鎖性はいいのですが長く持つような詰め物ではありません。

治療が中断すると、この詰め物がすり減ったり外れたりしていることが多く、歯の内部が露出してしまっています。

歯の外部(エナメル質)よりも、歯の内部(象牙質)は虫歯になりやすい上、仮詰めが外れた場合

そもそも穴という食べ物や汚れが溜まりやすいような状況になってしまっている訳ですから

虫歯が急激に進むことがあります。

すると外から見ると歯の形はあるしたいしたことないように見えても、内側から虫歯が進んでハリボテのようになり、

保存ができないような状態になっていることが多いのです。

治療を続けていれば問題なく残せた歯が、中断してしまったために抜かなければいけないような状況になってしまうのです。

歯が残せない場合、隣の歯を犠牲にしてブリッジという繋がったかぶせ物を作らなければいけなかったり、

状況によっては入れ歯やインプラントをしなければいけなかったりする状況もあり得ます。

中断して歯科医院に行きにくかったり、あわないと感たりする時は通っていた歯医者とは他のところでもいいので、

中断期間を長くしないことをおススメします。

関連記事

  1. 甘いお菓子は虫歯の元?お子様の食生活も少し考えてみませんか

  2. 歯医者でのお願い

  3. 防災グッズの中にオーラルグッズ!工夫が必要なことも

  4. 新型コロナウイルスについて2

  5. インプラントの応用!「インプラント」は歯だけじゃなかった

  6. 歯ブラシの交換時期を見極めよう!正しい歯磨きへの第一歩

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP