当院で使用しているインプラント

現在各メーカーから様々な種類のインプラントが発売されています。

メーカー、種類によって特性、構造が違い、かなり精密な構造になっています。

よって違う種類の部品や器具は使うことができません。

なのでどの種類のインプラントシステムを使用するかは重要になってきます。

そのメーカーがなくなってしまうと、部品や器具が入手できなくなり、アフターケアができなくなることもあります。

 

その中で当院で使用しているインプラントはデンツプライというメーカーのものです。

(デンツプライは世界的に大きなメーカーなのでなくなってしまうことはないでしょう。)

メインは「XIVE」というインプラントシステムです。

「XIVE」は当院で使用してきた様々なインプラントシステムの中でも予後が良く、

ドリリングの際にストッパーというそれ以上進まなくなる部品があるので、安全性も高いです。

また場合によっては同じデンツプライの「アストラテックインプラントシステムEV」を使用して使い分けています。

 

インプラントの種類について気になる方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

関連記事

  1. 博多駅近くでインプラント治療をするなら!深江歯科クリニック

  2. 骨が少なくてもインプラントができる?骨造成手術について解説し…

  3. 妊娠中にダメな薬!アセトアミノフェンは安全性の高い鎮痛剤です…

  4. 歯の痛みかと思ったら違うことも?!

  5. 「頓服」という言葉の意味理解していますか?医療用語を解説しま…

  6. インプラントが再びブームになる?高齢化社会でインプラントの市…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP