差し歯って??

皆さんが歯医者に関して知っている単語の一つに「差し歯」というものがあると思います。

しかし実は「差し歯」というのは専門用語ではありません。

(ちなみにこれは動物園に行った際に見つけたサシバという鳥の説明文です)

 

一般に「差し歯」というのは「歯冠継続歯」というものを指すようです。

これは、虫歯や破折によって歯の頭の部分がなくなり、根っこだけになった場合に、

そのままでは頭の部分を作ることができないために根の中に「差し込む」形でコア(土台)を入れるものです。

以前はかぶせ物とコアが一体になったものを入れることもあったようですが、

現在ではまずコアを作成し、そこから型どりをしてかぶせ物を作る形がほとんどだと思います。

注意していただきたいのは、この「差し歯」自分の歯は根っこの部分だけでも残っているということです。

よく抜歯後に差し歯にしてほしいという方がいらっしゃいますが、

自分の歯の根を利用する方法のため、やむを得ない理由で抜歯に至った場合は使えません。

抜歯になってしまった場合は「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」のいずれかの方法が必要です。

 

専門的なことはわかりにくいことも多いと思いますのでお気軽にお尋ねください。

関連記事

  1. インプラント選びのポイント!博多駅近くの深江歯科がお教えいた…

  2. 歯周病とアルツハイマー型認知症

  3. 市販の歯ブラシで正確な歯磨きはできる?歯磨きで対応できる範囲…

  4. 甘いお菓子は虫歯の元?お子様の食生活も少し考えてみませんか

  5. 神経が死んで色が変わった前歯の治療

  6. インプラントは万能だが永久のものではありません!インプラント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP