日々勉強

日曜は研修医時代の恩師の講習会に参加してきました。

内容としては全身疾患、その治療と歯科治療の関り、注意点についてでした。

僕たち歯科医師は大学での教育でそのあたりの内容については学んできています。

しかし先日ある患者様とも話しましたが、医療というのはすぐに新しい概念が出てきます。

つい数年前まで正しいとされていたものが現在では否定されているということも珍しくありません。

今回の講習会でも新しい発見や、気を付けないといけないなと再認識することも多くありました。

また、歯科治療中に起こる合併症なども1%にも満たない確率であるものがほとんどです。

実際大きな合併症というものには僕もまだ遭遇したことはありません。

しかしそのような事態が万が一起きた場合に対処できるよう、今後も日々勉強していきます。

関連記事

  1. インプラントが再びブームになる?高齢化社会でインプラントの市…

  2. 妊娠中にダメな薬!アセトアミノフェンは安全性の高い鎮痛剤です…

  3. 当院で使用しているインプラント

  4. インプラント治療はハードルが高い治療ではありません!一度ご相…

  5. 「頓服」という言葉の意味理解していますか?医療用語を解説しま…

  6. インプラントができない特殊な病気?インプラント治療のリスクフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP